もし80億円あれば・・パルテノン多摩の夢

利用頻度集計

80億円かけてパルテノン多摩大改修を行ったとしてその結果がやっぱり、このアンケートの結果(右図)のような利用状況に変わりがなかったとすればあまりにも悲しい。
ここに民の名プロデューサがいて80億円を託されたならば彼はどんなことを考えるだろうか?ちょっとそんなことを想像してみた。

彼は「このパルテノン多摩を一大文化の発信地にしてみせましょう。さすれば多摩市に若い人を呼んで多摩市の発展に大いに寄与するでしょう。」とまず大見栄をきる。
そして何人かのスタッフを集めて知恵の限りを尽くして企画書を練り上げる。「一大文化の発信地」とは何か、その姿を描くために過去の例、世界の先進文化都市の例を調べ尽くす。
過去の例でいえば「小林一三の宝塚」、世界の例でいえば ヨーロッパ小都市の音楽ホール・・・
しかし何よりも独創的でなければならない。他に無いものであって評判を呼ぶものでなければならない。
そんな中で渋谷の「ジャンジャン」を参考にするかもしれない。若い人はもう馴染みがないかもしれないが淡谷のり子、美輪明宏、吉田拓郎、井上陽水、矢沢永吉、中島みゆき・・当代一流の芸人によるライブ、永六輔などのトーク、若手俳優によるシェークスピア劇等 往年の青年には忘れられないであろう。
「ジャンジャン」は小劇場であって、たかだか200席程度。したがってパルテノン多摩も大ホールは止めて建物の改修に充てるのは30億程度。後の50億はすべて運営にあてる。
大ホールがないからオーケストラ等のコンサートは諦めなければならない。しかし年に数回のコンサートより小ホールでのアンサンブルを頻繁に企画する。たまたまその日に観られなかったとしてもまた明日があるからという具合に・・。
そしてたまには当代一流のアーチストを呼んでライブするのもよし。そして若手芸人を育てるのだという稀有壮大な目的をもって運営するのもよい。このためには50億を原資にして他では出せない出演料をはずむ。
そしてこれが評判になって出演者が殺到する。そんな中で若手芸人を発掘し、将来の当代一流の芸人が育つ。宝塚出身の女優がいるように彼はパルテノン多摩出身だよといわれるようなアーチストが出現する。「いやいやあれは多摩市民が育てたのだよ。高い出演料を出して」などと浅草の人が自慢するように自慢し合う。そしてそんな会話の広がりが更なる評判を呼ぶ。

パルテノン多摩といえば後背地にある中央公園とセットである。このプロデューサにはある程度の中央公園使用の権限を与える。さすれば彼は色んなことを考えるであろう。公園の池を水上ステージにして年一回の恒例のジャンボリーを開くとか公園を利用した大芸術祭とか・・・

そしてこんな文化の発信地が評判になるとアクセスをよくしなければならない。折しも相模原にリニア新幹線の駅ができる。京王さんには相模原新駅と多摩センターを結ぶ直通の電車を走らせてもらわなければならない。さすれば日本全国からお客さんをパルテノン多摩に呼ぶことができる。

いずれにしても妄想はとめどない。しかし市民が、これを機会にこんな夢を語り合うのは悪くないだろう。夢が必ずしも実現するとは限らないが夢がなければ多摩市の明日は暗くなるばかりである。
「都市計画税はそんなものには使えません」などというつまらないことを言うのは止めよう。ともかく多摩市民がこんな街にしたいんだというドデカイ夢をもつことで京王あるいは小田急の明日の小林一三がでるかもしれない。 いやいや、これを読んでいる貴方が名プロデューサ、事業家となって多摩市の未来を切り開いてほしい。

利用頻度集計

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です